VMDとは?~お客様に優しい売り場づくり~


カタログや店舗で商品を並べる際には欠かせない「VMD」。皆さまはどんなものかご存知でしょうか?「VMDってよく聞くけど、なんとなくしか理解できていない」、「VMDってディスプレイと同じじゃないの?」という方も多いのではないでしょうか?しかし、実は「VMD」と「ディスプレイ」は少し意味合いが異なります。
今回は、「VMD」についてディスプレイとの違いも交えてご紹介していきます。
VMD1

VMDとは

まず「VMD」とは「Visual Merchandising(ビジュアル・マーチャンダイジング)」の略です。「お客様が見やすく、そして買いやすい売り場づくり」のことであり、マーケティング手法の1つです。市場競争が激化する近年では、ただ商品を並べるだけではモノを売ることできません。そのため、商品の見せ方を工夫することで生活者の購買意欲を起こし、購買行動へとつなげる必要があります。そこで重要となるのがVMDなのです。
VMDには基本的な3つの要素があります。

VP(ビジュアル・プレゼンテーション)

まず1つ目の要素は、VP(ビジュアル・プレゼンテーション)です。VPは簡単にいうと「ぱっと見でお客様の興味を引くようなレイアウトづくり」です。店舗であれば「お店に入ってみたい」、カタログであれば「読んでみたい」と生活者に思わせる視覚的表現をすることで、購買率や集客率をUPさせます。いわば店舗やカタログの顔となる部分です。

PP(ポイント・オブ・セールス・プレゼンテーション)

次の要素はPP(ポイント・オブ・セールス・プレゼンテーション)で、「お客様をオススメ商品に注目させる」ことです。店舗だとわかりやすいですが、マネキンやラックエンド、壁などを活用して、商品の魅力を最大限に表現し、来店者へ商品のプレゼンテーションを行います。
VMD2

IP(アイテム・プレゼンテーション)

最後の要素はIP(アイテム・プレゼンテーション)です。IPは「商品を手にとってもらいやすくするために、商品を整理し、見やすくする」ことです。どのように商品を陳列すると買い手が手にとりやすいかを考えます。売り場で多くのスペースを占め、かつ購買意欲を向上させることにもつながるため、とても重要となります。

VPで生活者の興味を引き、PPで商品のプレゼンテーションをし、さらにIPで手にとりやすい陳列を行うことで、購買へとつなげることができます。

ここまでVMDについてご説明してきましたが、「つまりVMDはディスプレイのこと?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、VMDはディスプレイとイコールではありません。

VMDとディスプレイの違いとは?

では、VMDとディスプレイでの違いはなんでしょうか。
VMDは、お客様に商品を買ってもらうためにどのようにして興味を引き、購買行動へとつなげていくかの仕組みを、店舗やカタログ全体で考えることです。一方ディスプレイは、そのVMDの考えをもとに商品を並べることです。VMDのほうが視点は広く、ディスプレイはあくまで商品の陳列のみを考えたものです。つまり、VMDの仕組みのなかにディスプレイがあるといえます。

VMD専門の資格「商品装飾展示技能検定」とは?

VMD3
VMDの専門家のための国家資格として「商品装飾展示技能検定」があります。この資格は日本ビジュアルマーチャンダイジング協会が支援している国家検定で、厚生労働省が毎年実施しています。難易度は1級~3級まであり、技能試験と学科試験に合格することで「技能士」となることができます。
参考:日本ビジュアルマーチャンダイジング協会「商品装飾展示技能検定」
http://www.javma.com/skill-examination.html

いかがでしたでしょうか?
生活者の購買行動を促進するためにはVMDの考えを持った売り場づくりが重要です。また、商品装飾展示技能検定という国家検定も存在しており、商品を売る際には欠かせない考え方となってきています。店舗、カタログ、さらにはECサイトでも商品を並べる際は、今一度VMDに沿っているか、見直してみましょう。

あなたをカタログのお悩みから解放します!

  • 大量の写真どうしたら・・・
  • カタログのデータをECにも使いたいのに情報がバラバラ・・・
  • せっかく苦労して作っても売上が上がらない・・・
  • 1人当たりの受注金額が低下・・・
  • 2回目の注文へつながらない・・・

こんなことでお困りではないですか?

らくカタでは、

  • 自動組版による効率的かつ正確な誌面制作
  • 経験豊富なスタッフによる制作~運用までトータルサポート
  • カタログデータのECへの円滑なデータ連携
  • 作って終わりじゃない!売上分析から改善までフォロー

など、お客様のお悩みに沿って最適なご提案をさせて頂きます。
まずは一度ご相談下さい。

らくカタのサービスを詳しく見る