印刷物に使う画像って、何が最適?…その2…


こんにちは。
プロセスマネジメント部のSammyです。

前回に引き続き、カタログ制作に欠かせない「画像」のお話です。

  • 印刷用画像として最適なのはEPSかPSD。
  • TIFFやJPGは基本的にEPSに変換して使います。

ということは前回お話しました。

ここで問題になってくるのが、特にJPGの場合の画像の解像度です。

JPG形式の画像の中には、WEB用の低い解像度に圧縮されているものがあります。
基本的にはWEBサイトに使用している画像は紙媒体には適さないことがほとんどですが、そうとは知らずに支給画像として入稿されてくることがしばしばあるのです。

「画像のサイズってどうやってみれば良いんですか?」
「解像度って何ですか」
「何KBあれば大丈夫なんでしょうか?」

そういった質問をよくいただきますが、画像が印刷用に適しているかどうかを判断するには

画像の「解像度」

掲載する「誌面での配置サイズ」

がかかわってくるため、このサイズ、容量なら大丈夫ですよ!…というものでもないのです。

制作業界に関わる人であれば、Photoshopというソフトを使って簡単に確認することができますが、こちらはグラフィック用の専用ソフトなので、いわゆる一般的なパソコンにはまず入っていません。

でも、実はPhotoshopがない場合には、計算で確認する方法があるんです(地道!)。

画像の大きさを確認する

例を挙げて解説していきましょう。
こちら↓のようなA4サイズのカタログを制作しているとします。

P5_加工

左上のなますの画像を例にすると、この誌面がA4サイズのとき、なますの画像の縦幅はだいたい3?程度になります。
なます_加工

なますの画像は、もともとこのような角版のものを切り抜いて使用します。
つまり、切り抜いたときのお皿の部分の縦幅が3?以上必要ということになります。
(それより小さいと、印刷したときに粗くなってしまいます)

では、このなます画像を印刷物で使用したときに、縦幅が3?以上あるかどうかをどう確認するかというと…
プロパティ

? 画像を右クリックし、「プロパティ」を開く
? 「詳細」タブをクリックし、「イメージ」の項目を参照します。
? ピクセル数と解像度を確認します。

この例では縦幅=高さを基準に考えます。

 「高さ」=340ピクセル

 「垂直方向の解像度」=72dpi

となります。

■ピクセルとは?
ピクセルとは「デジタル画像の1粒(ドット)」のことです。
縦ピクセル × 横ピクセル = 画素数
スマホの宣伝で「何万画素カメラを搭載!」と言っているアレです。

つまり、このなますの画像は「480×340=163,200画素」ということになります。

■dpiとは?
dpiとは「dots per inch」の略で、「1インチ(2.54センチ)あたり、何ドットか」を表しています。

このなますの画像は「72dpi」となっており、1インチ(2.54cm)あたり72ドットということになります。

この72dpiで考えると、

340ピクセル÷72dpi=4.72インチ
インチを?に変換すると、
4.72インチ×2.54?=11.99?

という計算になり、縦幅が「11.99?」あることになります。
ただし、「72dpi」というのは、一般的にWEB用画像に最適な値とされており、印刷用画像としては、「300?350dpi」が必要になります。

1インチ(2.54cm)あたりのドット数が72⇒350になることで、簡単に言うと密度がぎゅっと濃くなるイメージです。

印刷用に変換する

では、印刷用に最適な350dpiに変換するとどのくらいのサイズになるのか。
これの計算は、以下のようになります。

340ピクセル÷350dpi=0.97インチ

インチを?に変換すると、
0.97インチ×2.54?=2.46?

これはあくまでなますの画像が「角版」のときの縦幅が2.48?ということになるので、実際に使いたいお皿の部分で考えると1.5?くらいになると考えられます。
つまり、本来3?程度必要なところが1.5?程度しかなく、「少しサイズがたりない」=「印刷すると粗くなってしまう」ということになるのです。

 

まとめると、紙媒体で最適なサイズかを図る計算式は、

「ピクセル数」 ÷ 350dpi × 2.54? = 「印刷用として配置したときのサイズ(?)」

となります。
日ごろ計算なんてあまりしないという人は、「めんどくさ?い」と感じるかもしれませんが、式を覚えてしまえば簡単です!

 

…とここまで解説しておいてなんですが、そのめんどくさい計算をしてくれる便利なサイトが公開されていたりしますので、活用してみてください。(これをブックマークしておいた方が断然早いかも、、、)

印刷屋さんドットコム
http://www.insatsuyasan.com/data/datasize_tool.html

amanaimages
http://amanaimages.com/price/amana_hayami_price.html

用紙サイズ一覧.com
http://www.size-info.com/pixel/

 

<おすすめ関連記事>

内部リンク_画像1 ロケ弁

内部リンク_色 猫手くん

内部リンク_自動組版1 事典