PDFで差異を見つける~擬似アオリ検版~


こんにちは。メディア制作部のYokochiです。

カタログ制作において、PDFで校正のやり取りをする事って、多くなってきましたね。

このPDFを見る時、さまざまなショートカットが用意されていることをご存じでしょうか?

<参考サイト>
Adobe Acrobat Standard  PDF のナビゲーションに使用するショートカットキー

矢印キーでページ移動ができる事などは比較的有名ですね。

このショートカットを使って疑似アオリ検版ができるのです。

今回はその紹介です。

アオリ検版とは・・・校正紙2枚を重ねて、上の用紙をあおって交互に見ることで、差異のある部分が動いて見える検版方法。

PDFで擬似アオリ検版

用意するのは、たとえば初校と再校の校正用PDF。

それらを同じ位置に重ねて開いてください。表示倍率も同じにしてくださいね。

その状態で 「 Control + F6 」 です。

このキーを押す度にPDFが入れ替わります。連打するとまるでアオリ検版をしているようです。

こまかな差異も目視でしっかり確認できます。

↓下の画像をクリックしてみてください。2つのPDFが交互に見える(アオリ検版)様子が再現されます。

02

パッと見では分からない差異がしっかり確認できますよ。

ぜひご活用ください。

 

<おすすめ関連記事>

商品情報整理 事典

オーバープリント コピペ

内部リンク_2 内部リンク_自動組版1

内部リンク_カリスマ店員

あなたをカタログのお悩みから解放します!

  • 大量の写真どうしたら・・・
  • カタログのデータをECにも使いたいのに情報がバラバラ・・・
  • せっかく苦労して作っても売上が上がらない・・・
  • 1人当たりの受注金額が低下・・・
  • 2回目の注文へつながらない・・・

こんなことでお困りではないですか?

らくカタでは、

  • 自動組版による効率的かつ正確な誌面制作
  • 経験豊富なスタッフによる制作~運用までトータルサポート
  • カタログデータのECへの円滑なデータ連携
  • 作って終わりじゃない!売上分析から改善までフォロー

など、お客様のお悩みに沿って最適なご提案をさせて頂きます。
まずは一度ご相談下さい。

らくカタのサービスを詳しく見る