顧客分析とは?分析・ターゲット設定のポイントをご紹介

商品の販売担当をしていると「売上分析」をする必要が出てきますが、「何から取り掛かればいいのかわからない」「何を分析すればいいのかわからない」とお困りの方も多いと思います。売上分析とはその言葉のとおり、「売上」を「分析」することです。分析といっても種類は多く、単に売上の増減だけを追うわけではありません。さまざまなデータを基にそれらの関係性を見つけ、次の施策への糸口としていきます。
売上分析の目的や手法については以下の記事にてご紹介していますので、ぜひこちらもあわせてご確認ください。
【売上分析はどうやるの?目的・手法例をご紹介】
https://www.rakucata.com/blog/database/897
今回は売上分析のなかでも「顧客分析」についてのポイントを4つご紹介していきます。
顧客設定①


カタログのデジタル化とは?メリット・デメリットを解説!

かつて企業のカタログといえば、手渡しや郵送で配布する紙のものばかりでしたが、最近ではWEB上で見られるデジタルブックに置き換えている企業も増えてきています。ただし、デジタルブックを導入しようとしても、実際のメリットやデメリットがわからなくて踏み切れない広報担当の方も多いのではないでしょうか。実はカタログのデジタル化にはさまざまなメリットがあるのです。この記事では、カタログのデジタル化について、そのメリット・デメリットを中心に解説します。
電子カタログ1


表記統一とは?〜読者にやさしい文章のつくり方〜

商品販売を担当することになると、カタログやWEBサイトの作成など、文章を書く機会も増えるのではないでしょうか。その時に気をつけたい観点が「表記統一」です。表記統一をすることで、読みやすくわかりやすいカタログや記事を作ることができ、ひいてはお客さまに商品のことをしっかりと伝えることにつながります。
この記事では、表記統一のポイントもご紹介していきますので、新入社員のかたや新任担当者のかたもぜひ参考にしてください。
表記統一1


業務の効率化ってどうやるの?カタログ制作の仕事をラクにするコツとは

近年、注目を集めている「業務効率化」。効率化したいとは思いつつも、仕事量や利益との狭間で悩む管理職のかたも多いのではないでしょうか。カタログ制作など商品販売をする部署においても、この流れは無視できなくなってきています。今なぜ業務効率化が注目されているのか、また、効率化はどうすることで達成できるのか。
この記事では業務効率化のポイントをご紹介します。
業務効率化1


よく使う印刷用語20選!意味をおさえて仕事効率をあげよう

商品販売を担当する新入社員や新任者が、パンフレットなどの印刷物を作成するときに困るのが、いきなり飛び交わされる印刷用語ではないでしょうか。どんな業界にも専門用語はつきものですが、印刷関連の用語には普段使いしないものが多く、また当たり前のように使われているため、知らないとスムーズにやり取りができなくなってしまいます。この記事では、新任担当者でもおさえておきたいよく使う印刷用語20選をご紹介します。
印刷用語①


1 2 3 4 5 6 7 8 30