ユーザーとの接点を増やし、最適なアプローチを行うためには?

カタログを年に1回程度発行しているものの、より顧客との接点を増やしたい、でもそのための予算が……内容はどうしようか……など、お困りのご担当者さまは少なくないのではないでしょうか。カタログを発行するには工数も予算もかかり、なかなか発行回数を増やすことが難しいですよね。
今回は、弊社がご提案できる解決方法の一例をご紹介します。
クリエイティブ①


52週MDと52週マーケティングの関係性とは?

小売業界などで棚割りや商品の入荷数、販促施策の基準となる「52週」ですが、なぜ52週なのかご存知でしょうか。この52週を基準として商品を販売していくときに「52週MD(マーチャンダイジング)」「52週マーケティング」という考え方があります。
今回はそんな「52週MD」や「52週マーケティング」の基本や2つの関係性についてご紹介します。
52週マーケティング


CMYKとRGBの違いをご紹介~イメージどおりの色の印刷物をつくるために知っておいて損はない?~

カタログなどの紙媒体の制作を行っているときに欠かせない“色”。少しの違いで誌面の印象も大きく変わってくるため、選ぶ際はとても注意されていると思います。その色を表現する「CMYK」「RGB」という言葉。これを理解していないと、印刷物の色味が想定と違う結果になってしまうことも……。
今回は、この「CMYK」と「RGB」について両者の違いも含めてご説明します。
CMYK1


VMDとは?~お客様に優しい売り場づくり~

カタログや店舗で商品を並べる際には欠かせない「VMD」。皆さまはどんなものかご存知でしょうか?「VMDってよく聞くけど、なんとなくしか理解できていない」、「VMDってディスプレイと同じじゃないの?」という方も多いのではないでしょうか?しかし、実は「VMD」と「ディスプレイ」は少し意味合いが異なります。
今回は、「VMD」についてディスプレイとの違いも交えてご紹介していきます。
VMD1


効果的な誌面をつくるためには?~「誌面」軸での売上分析とは~

商品を販売するうえで欠かせないのが売上分析ですが、売上分析にはさまざまな視点があります。前回の記事では、「顧客」視点での分析についてご紹介しました。
前回の記事「顧客分析とは?分析・ターゲット設定のポイントをご紹介」はこちら
https://www.rakucata.com/blog/database/analysis/949
「顧客」以外にも、分析にはさまざまな視点がありますが、カタログ制作を行う弊社によくご相談いただくのは「誌面の効果」の検証です。今回はカタログでの「誌面での施策の結果」の分析についてご紹介していきます。
分析1


1 2 3 4 5 6 7 30