制作フローの改善に関する記事一覧

カタログのリニューアルで注意すべき2つのステップ

さまざまな業界や企業が新型コロナウイルスの影響を受けるいま、カタログのリニューアルをご検討の方は多いのではないでしょうか。リニューアルに際しての流れは大きく2つあります。それは、「狙うべき方向性を決める」、そして「コミュニケーションコンセプトを策定する」ことです。各工程のポイントとともに成功事例をご紹介しますので、ご注目ください。

画像引用元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4622209/


【テンプレート付】カタログ制作スケジュールの作り方

カタログといっても発行頻度はさまざまです。週刊、月刊、季刊、年刊など、それぞれ発行日に向けてスケジュールを立ててカタログ制作がスタートします。その際、重要なのはスケジュールの立て方です。発行頻度や媒体のページ数、掲載商品点数によっても、制作にかかる期間は変わってきます。進行の遅れや作業の漏れなどを防ぐためには、どのようにスケジュールを立てればよいのでしょうか。

スケジュール


売れる!商品カタログ作成のコツと基本フロー ~“残念なカタログ”にならないために~

通販事業では、店舗(売り場)とも言えるカタログ。どうやって商品を配置しようか、表紙はどうしようか、どうすれば買ってくれるだろうか…毎号、作成するたびに、悩んでいる方は多いのでないでしょうか。

売上目標を達成するためには、しっかりと成果の出る店舗(売り場)作りをしたいもの。ですが、重要なステップや要素が抜けている“残念なカタログ”も世の中にはたくさん見受けられます。今一度、自社のカタログについて振り返ってみてはいかがでしょうか。

ここでは、既存のカタログを見直し、リニューアルをするときの基本的な流れ、コツやポイントを分かりやすくご紹介。これさえ押さえておけばきっと“売れるカタログ”になりますよ!

8b6b5f4e1a25cc34c90ce5679d6b6081_s

▼“残念なカタログ”の解決方法や事例をご紹介しています▼

EC売上_バナー01


1 2 3 4 5 6