カタログ制作の「知識」と「効率化」に関する記事一覧

売上だけではない⁉企業イメージをも左右する“同梱物”の活用法!

通販カタログなどを売場として通販事業を展開している企業において、本紙カタログのほかにもさまざまな販促物を制作しているケースは少なくありません。その中の一つに、購入いただいた商品と一緒に送るいわゆる「同梱物」があります。

多種多様にある同梱物は、どんなタイミングで何を送るとよい効果が得られるのでしょうか。今回は、売上だけでなく、企業イメージをも左右する同梱物の活用法に迫ります。

同梱物_トップ画像02


カタログのリニューアルで注意すべき2つのステップ

さまざまな業界や企業が新型コロナウイルスの影響を受けるいま、カタログのリニューアルをご検討の方は多いのではないでしょうか。リニューアルに際しての流れは大きく2つあります。それは、「狙うべき方向性を決める」、そして「コミュニケーションコンセプトを策定する」ことです。各工程のポイントとともに成功事例をご紹介しますので、ご注目ください。

画像引用元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4622209/


売れるカタログを実現するための”撮影ラフ”の書き方

カタログを制作するときにはほとんどの場合において商品撮影を行いますよね。食品の場合、「シズル感のある写真が撮れた!」と思っていたのに、いまいち売れなかった…なんてことはありませんか?また、自社や自分が撮りたいイメージをどのようにカメラマンなどスタッフに伝えれば良いのか分からない…という方もいるのではないでしょうか。

売れるカタログにするため、最適なビジュアルを撮るには、重要なステップのひとつとして”撮影ラフ”があります。今回はその”撮影ラフ”について解説します。

1f803823c48abc4bbe3e61ab18cb497e_s


1 2 3 4 5 22