WEBとの連携に関する記事一覧

変化する時代に対応し商機を掴む! 成功に導くためのECサイト成長戦略とは

ECサイト_トップ

新型コロナウイルスの影響により、私たちの消費行動は大きく変わりました。日本のEC市場も例外ではありません。コロナ禍を契機に、従来はあまりECを利用していなかった高齢者層の利用も伸長傾向にあります。ECがあらゆる世代の日常生活の一部となりつつあるのです。そんな中で競合他社に競り勝ち売上を伸ばすためには、マーケティング戦略の立案が必要不可欠です。そこで今回は、ECサイトを成功に導くための戦略についてご紹介していきます。


【事例紹介】今こそ知りたい!Webコミュニケーションを活性化する通販カタログのデジタルシフト、ターゲットシフト

私たちが暮らしの中で目にするテレビのCMや通販番組、新聞広告。これらを見ても分かるように、従来からのメディアへの広告出稿はまだまだ多く、通販事業者にとって重要な集客の窓口となっています。とはいえ、コロナ禍で急速に進むデジタル・トランスフォーメーションの波に乗り遅れるわけにはいきません。

実際にYUIDEAでは、ECサイトと基幹システムの連携を見直してリニューアルしたり、ECサイトと実店舗の間での相互送客を目指してオムニチャネル化を推進したりという事例を耳にするようになっています。それに伴いお客様からよくご相談されるのが、通販事業のデジタルシフトと、顧客年齢層のターゲットシフトです。今回は、YUIDEA が実際にサポートを行ったデジタルシフト、ターゲットシフトの事例をご紹介します。

84e95048f9a65d44e231cabf0516d6b0_s


売り場改善のコツは、VMDにあり!?通販におけるVMDの活用手法とは

昨年から続くコロナ禍によって、確かな高まりを見せる通販需要。既存顧客だけでなく新規顧客が増えたことにより、新たなニーズに対応する「通販の売り場づくり」に重要性を感じている方は多いのではないでしょうか。

通販の売り場であるカタログやECサイトでは、お客様が直接商品を手に取ることはできません。だからこそ「売り場」や「売り方」の工夫が大切です。

そこで注目したいのが、リアル店舗の売り場づくりで活用されているVMDという手法です。今回はそのVMD手法をについてご紹介します。
施設イメージ 撮影協力:TENOHA DAIKANYAMA


Webサイトとカタログの連動が成功のカギ!? 通販事業の分析から導かれる理想的な関係性とは

インターネットが普及して以降、ECサイトやSNSなど通販の販売チャネルや集客の導線は劇的に変化してきました。ネット通販では、売上分析や顧客分析といったCRMの取り組みもしやすくなり、通販事業者にとっては事業展開の次の一手が打ちやすくなったと言えるのではないでしょうか。7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_m


Webコンテンツとタッグを組んで、より強いカタログへ!~マルハニチロ様事例ご紹介~

 

商品が持つストーリーや商品をつくっている生産者の想い、商品を活用したレシピ。そんな“深掘り情報”は、商品の魅力をより輝かせるものです。そうとはわかっていながらも、カタログの誌面ではすべてを掲載できず、情報が埋もれたままになっていませんか? “深掘り情報”を生かして商品の魅力を伝えるカギは、カタログとWebコンテンツの連動にあります。売り上げアップや顧客層のターゲットシフトも視野に入れた、カタログとWebコンテンツの連動活用について事例を交えてご紹介します。

pixta_38052352_トリミング


1 2 3 4