WEBとの連携に関する記事一覧

Webサイトとカタログの連動が成功のカギ!? 通販事業の分析から導かれる理想的な関係性とは

インターネットが普及して以降、ECサイトやSNSなど通販の販売チャネルや集客の導線は劇的に変化してきました。ネット通販では、売上分析や顧客分析といったCRMの取り組みもしやすくなり、通販事業者にとっては事業展開の次の一手が打ちやすくなったと言えるのではないでしょうか。7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_m


Webコンテンツとタッグを組んで、より強いカタログへ!~マルハニチロ様事例ご紹介~

 

商品が持つストーリーや商品をつくっている生産者の想い、商品を活用したレシピ。そんな“深掘り情報”は、商品の魅力をより輝かせるものです。そうとはわかっていながらも、カタログの誌面ではすべてを掲載できず、情報が埋もれたままになっていませんか? “深掘り情報”を生かして商品の魅力を伝えるカギは、カタログとWebコンテンツの連動にあります。売り上げアップや顧客層のターゲットシフトも視野に入れた、カタログとWebコンテンツの連動活用について事例を交えてご紹介します。

pixta_38052352_トリミング


自動組版の仕組み その6(表組)

こんにちは。YUIDEAの「まめ蔵」です。

カタログには表組がよく掲載されています。「製品カタログ」のスペック表や「通販カタログ」の色やサイズの表組など、内容はさまざまです。

カタログに表組がよく使われるようになったのは、長い印刷の歴史の中でも、DTPが登場した90年代以降といえます。とくにInDesign 2.0がリリース(2002年)されてから、手軽に作れるようになりました。

DTPでは手軽で便利に作れるようになりましたが、表組を自動組版するのはかなり面倒です。


BtoC事業者様向けのWebマーケティングサービス 「Willyet」とは?

今日は、手軽にコンテンツマーケティングが始められる、弊社新サービスのご紹介です。

 

willyet%e3%83%ad%e3%82%b4-1

 

Willyet(ウィルイエット)

公式サイト: https://www.willyet.jp/

※12/1にサイトリニューアルしました!

 

*サービス資料ダウンロード

https://lmsg.jp/form/10970/LNlxjTuj

※実は「コンテンツマーケティングEXPO 2016」に出展した際にもご紹介しているのですが、それをβ版と位置づけ、12月に本格リリースいたしました!


私のタスク管理法とタスク管理のためのWebサービスをご紹介

こんにちは。
らくカタブログに初執筆します、弊社Web担のhigashです。

私のエントリーテーマは、運営担当からリクエストいただいた「業務タスクの管理法(整理法)」について。

デジタルツールを使いこなしてなんぼのWeb胆として、
特にWebサービスを活用した業務タスクの管理法についてもお話できればと思います。
よろしければお付き合いください。


1 2 3