分析に関する記事一覧

顧客分析とは?分析・ターゲット設定のポイントをご紹介

商品の販売担当をしていると「売上分析」をする必要が出てきますが、「何から取り掛かればいいのかわからない」「何を分析すればいいのかわからない」とお困りの方も多いと思います。売上分析とはその言葉のとおり、「売上」を「分析」することです。分析といっても種類は多く、単に売上の増減だけを追うわけではありません。さまざまなデータを基にそれらの関係性を見つけ、次の施策への糸口としていきます。
売上分析の目的や手法については以下の記事にてご紹介していますので、ぜひこちらもあわせてご確認ください。
【売上分析はどうやるの?目的・手法例をご紹介】
https://www.rakucata.com/blog/database/897
今回は売上分析のなかでも「顧客分析」についてのポイントを4つご紹介していきます。
顧客設定①


売上分析はどうやるの?目的・手法例をご紹介

販売・営業担当をしていると、もっと商品を売るために売上を分析する必要が出てきます。「売上分析」というと難しそうな言葉ですが、大切なのはなぜ売上分析をするのかをおさえて、売上を集計しデータを見ていくことです。ここでは自社商品を顧客に手にとってもらうために、マーケティング手法も含めて、売上分析の目的や方法をご紹介します。
ff31a937e792035dcf5dd7c166d


優良顧客の定義とは?RFM分析で優良顧客を見つけよう!

商品の売り上げを上げるためにはいくつか方法があります。その1つが商品を購入してくれている顧客をしっかり分析し、その中から「優良顧客」を見つけ出すことです。その優良顧客をいかに増やせるかが、売り上げを上げるポイントになります。

5e9b9ce3f76ecc0b0ffa6dac3aa05af9_s

では「優良顧客」とはどんな人を指すのでしょうか。この記事では優良顧客の定義とそれを見つけ出すための分析方法をご紹介します。


売れる!商品カタログ作成のコツと基本フロー ~“残念なカタログ”にならないために~

通販事業では、店舗(売り場)とも言えるカタログ。どうやって商品を配置しようか、表紙はどうしようか、どうすれば買ってくれるだろうか…毎号、作成するたびに、悩んでいる方は多いのでないでしょうか。

売上目標を達成するためには、しっかりと成果の出る店舗(売り場)作りをしたいもの。ですが、重要なステップや要素が抜けている“残念なカタログ”も世の中にはたくさん見受けられます。今一度、自社のカタログについて振り返ってみてはいかがでしょうか。

ここでは、既存のカタログを見直し、リニューアルをするときの基本的な流れ、コツやポイントを分かりやすくご紹介。これさえ押さえておけばきっと“売れるカタログ”になりますよ!

8b6b5f4e1a25cc34c90ce5679d6b6081_s


売上分析を施策に活かす方法とは~データに基づく売り場づくり~

こんにちは、Korokoroす。前回、売上分析を施策に活かす方法とは~分析を始める前に~にて、分析を始める前にやるべき3つのことをお伝えしました。

今回は、通販では店舗(売り場)とも言える「カタログ」において、売上データを有効的に活用する方法についてご紹介したいと思います。

最終目的は事業の拡大

事業を行っていくうえで、クリアしたい課題は色々ありますよね。

新規ユーザー獲得、離脱防止、クロスセルやアップセルなど…

%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0x%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e6%b4%bb%e7%94%a8-2

いずれも事業拡大につながっていくものですが、データをいかに有効活用できるかが課題をクリアする重要な鍵となります。


1 2 3