データを活用したいに関する記事一覧

売り場改善のコツは、VMDにあり!?通販におけるVMDの活用手法とは

昨年から続くコロナ禍によって、確かな高まりを見せる通販需要。既存顧客だけでなく新規顧客が増えたことにより、新たなニーズに対応する「通販の売り場づくり」に重要性を感じている方は多いのではないでしょうか。

通販の売り場であるカタログやECサイトでは、お客様が直接商品を手に取ることはできません。だからこそ「売り場」や「売り方」の工夫が大切です。

そこで注目したいのが、リアル店舗の売り場づくりで活用されているVMDという手法です。今回はそのVMD手法をについてご紹介します。
施設イメージ 撮影協力:TENOHA DAIKANYAMA


Webサイトとカタログの連動が成功のカギ!? 通販事業の分析から導かれる理想的な関係性とは

インターネットが普及して以降、ECサイトやSNSなど通販の販売チャネルや集客の導線は劇的に変化してきました。ネット通販では、売上分析や顧客分析といったCRMの取り組みもしやすくなり、通販事業者にとっては事業展開の次の一手が打ちやすくなったと言えるのではないでしょうか。7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_m


Webコンテンツとタッグを組んで、より強いカタログへ!~マルハニチロ様事例ご紹介~

 

商品が持つストーリーや商品をつくっている生産者の想い、商品を活用したレシピ。そんな“深掘り情報”は、商品の魅力をより輝かせるものです。そうとはわかっていながらも、カタログの誌面ではすべてを掲載できず、情報が埋もれたままになっていませんか? “深掘り情報”を生かして商品の魅力を伝えるカギは、カタログとWebコンテンツの連動にあります。売り上げアップや顧客層のターゲットシフトも視野に入れた、カタログとWebコンテンツの連動活用について事例を交えてご紹介します。

pixta_38052352_トリミング


顧客ロイヤルティとは?マーケティング戦略と評価の指標を解説

画像1

「顧客ロイヤルティ」とは自社サービスや商品に対する顧客の満足度を測るために使われる重要ワードです。顧客ロイヤルティを向上させることは、商品のリピート率や購入数が増えるだけでなく、顧客層を広げることにもつながります。

この記事では、自社サービスや商品の販売促進を担当しており、特に顧客のロイヤル化をミッションとしている人向けに

  • 顧客ロイヤルティとはなにか
  • 顧客ロイヤルティを向上させるための戦略ポイント
  • 実際に効果を出すための評価の仕方

を中心に詳しく解説します。


1 2 3 4 5 9